フレンドファンディングというpolcaなやつのコツをコッソリ。

      2018/10/02

(2018.10.01追記)

恐らく運営側のさじ加減が大きく含まれており、内容通りにはならないかもしれません。

ビジネスとして行なっている運営サイドが面白いと思うか?がキーになっている気がします。そして、初企画がオススメに載る可能性は高いです。

Twitterのフォロワーが多くて拡散されまくりなら運営サイドも注目せざるおえないかもしれません。あくまで参考としてご一読ください。(家入さんのTwitterとか見るとヒントが拾えそうな気がします)

 

こんにちは、jorryです。

着々と太ってきています。度重なる贅肉話で飽きていますか?

そうでしょう。でも公的に出せるネタが他に無いんですw

この記事読んでるアナタと一緒に酒を飲める日が来たら全部出しますw

大幅減量ダイエット

半端な自虐すみませんでした。

さて、クラウドファンディングをする!と意気揚々お話をしていた僕ですが、訳あってプロジェクトの立ち上げすらできませんでした。

詳細はコチラ↓(ノマドラ!!!!!記事)

33歳、ニートになって2ヶ月(近況報告)

そこで見つけたのがフレンドファンディング。

商品化できないものであったり、行動的挑戦である場合には「まさに応援してもらうもの」と言えるのがフレンドファンディングであると感じましたので今回記事にさせていただきます。

Sponsord Link

フレンドファンディングとは?

過去記事↓

クラウドファンディング企業よ!そのやり方で本当に良いのか?

を読んでいただいた方は何となく伝わっているとは思いますが、商品化が難しいもしくは実店舗を設けられないクラウドファンディングは挑戦すら難しい(手数料の分だけ無駄)です。

そんな中、CAMPFIRE社の家入一真さんが「フレンドファンディング-polca」というものを作りました。

支援者が魅力的な新商品を先取りする為に支援するクラウドファンディングと違い、フレンドファンディングは気持ちや繋がりを大事にするものではないかと僕は思うんです。

ここでいう「フレンド」とは「SNSでの繋がり」を指します。

フレンドファンディングはSNSの繋がりから支援者を募るというもので、一般公開はできません。

(SNSの範囲は、あくまで友人や共通の認識で繋がった人の範囲と捉える)

一般公募出来ないからこその緩さもあるのですが、嘘をついて支援者を募ればそれだけ自分のアカウントに傷がつきます。

つまりは企画者と支援者がそれなりに密な付き合い方をしないと成り立たないファンディングなのです。

密な付き合いがあるからこそ、感謝が生まれるし同志が増える。という事ではないかと思います。

polca(ポルカ)のデメリット

  1. 期間が最大1ヶ月
  2. 金額が最大30万円
  3. 一般公開ではない

1はダラダラと間延びしない為の企業の対策。

2に関しては法に触れるらしいので諦めるしかありません。

しかし3に関しては対策が打てます。

もちろんSNSでの拡散が一番です。たくさんの人に自分の企画を見てもらい、思いを伝えることができます。

そこでpolca初挑戦で5日目の僕が気づいたことをコッソリお伝えします。

polca(ポルカ)拡散のコツ

僕はこのブログwith-CROWDが読者みなさんのタメになる様にと願い作ってますので伝えます。

ポルカには「ピックアップ企画」というものがあり、ポルカアプリを開くとTopページに出てきます。

ピックアップされるとポルカ内「限定」で一般公開されます。つまりは「SNSの繋がりは無いけどポルカアカウントを持っている人」には見てもらえる可能性が非常に高くなる!という訳です。

つまり「ピックアップされること」が最大のコツです。

フレンドファンディングはまだ世間に定着していません。

だけれども!企業にとっては定着してもらわなければ困るサービスなんです。

であれば、宣伝してくれるユーザーは大切ですね。

そこで僕はTwitterでの拡散方法に着目しました。

ポルカ開始時の僕のTwitterフォロワーは5人です。放置してたので友達だけです。拡散力ゼロです(爆笑)

しかし挑戦4日目にしてピックアップ企画に掲載されました!何故でしょう?

僕は現在、polcaお試し挑戦ですのでTwitterと別ブログの「ノマドラ!!!!!」でしか公表していません。(ノマドラ!!!!もこの記事と同じタイミングで公表したばかりです)

さてさて、なぜピックアップしてもらえたのでしょう?

最大のポイントはタグ付け?

CAMPFIRE社がpolcaを売り出したい今だからこその方法なのかもしれません。(そうであってほしい)

ピックアップされている企画を見ましたが、よくわからない企画ももちろんありました。

これは担当者が「内容よりも拡散力」を重視している現状があるのだと思われます。

僕はTwitterで日々の進捗を呟くことにしました。タグ付けて。

何をタグ付けするか?

もちろんポルカの宣伝です。

ポルカ担当者はどうやって僕のツイートを見つけたのでしょう?

  • 「polca」?
  • 「ポルカ」?
  • 「CAMPFIRE」?
  • 「フレンドファンディング」?

全部タグ付けしましたw

僕はポルカ担当者よりもポルカ利用者に気づいてほしいんです!だって支援してほしいから。

ポルカ利用者はどんな検索ワードを使いますかね?

わかりません。だから思いつくのを全部タグ付けしました。

結果的に宣伝効果が生まれるわけです。これからポルカしようとしてる心配性の人はなんて検索するか?手当たり次第です。

Twitterのフォロワーがここ2、3日で10名ほど増えました。ありがたい。

だからピックアップしていただけたのでしょう。感謝です。

最終的には中身です!

ぶっちゃけると支援金はまだ2%です。しかしキッカケが大事!

より多くの人に気づいてもらい、支援はもらえなくとも繋がりが生まれる。大事。

支援してもらえるかどうかは中身次第です。だってアナタもよくわからん企画者にはお金あげたくないでしょ?

限られた文字数でどれだけ自分の思いが伝えられるか?の挑戦ですが、やってみる価値は大いにありますよ!

 

人によってはこの記事を読んで「こすいなjorry」と思うかもしれません。

けれども僕は夢の実現の為に必死なんです。

半端なヤツとかうざいネットワークビジネスマンは無視したらいいんです。

無視してアナタ自身の為に行動してください。

ちょこっとだけ、僕に興味がわいたらブログの読者になってください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

シャ~ラバ~い_φ( ̄ー ̄ )

 

Sponsord Link

お気に入り追加

 - ねごと(雑記), ノマドラ!!!!! , , , , , , , , , ,